しぐまっく

愛機MacBook Pro(Mid 2010)を研究やら趣味やらに使っている際のおぼえがき.homebrewとかlinuxとかwebサービスとかも.

Homebrew上のOctave更新

octave-forge の signal ライブラリを使うために,octaveを3.8にアップデートしようとした際の覚書.

問題

$ brew install octave

でインストールしようとするが,そのままだと .texi 関係でインストールできなかったりする.
他の人の情報によると,Homebrewでのoctaveのレシピである octave.rb において "--enable-docs=no" をつける (or --without-docs オプションを付ける) とインストールできるようになるが,octave 3.8 では少なくともhelpだけでなくpkg関係も使えなくなってしまう模様.
そのため --without-docsをつけずにインストールした取り組みを記載する.

方法

http://kjunichi.cocolog-nifty.com/misc/2014/02/homebrew--witho.html のエントリを参考にした.homebrewでtexinfoが,別途TeXがインストールされていることを前提とする.

$ export PATH=/usr/local/Cellar/texinfo/5.2/bin:$PATH

でtexinfoのパスを追加.texのbinフォルダへは既にパスが通っているとする.
このまま

$ brew install octave --without-fltk --env=std

でインストールできれば良いが,筆者の環境ではここでもエラーが発生(ログ3参照).
TeX側の容量制限があるらしく,上限を上げる.

$ kpsewhich texmf.cnf

で出てきたファイルパスをvim等で編集.

save_size = 5000

のところを 20000 などに増やしてoctaveをインストールするとできる.

ログ

$ brew update
(中略)
Error: Failure while executing: git pull -q origin refs/heads/master:refs/remotes/origin/master

久々のupdateでバグ.(もしくは前にoctaveインストール時に色々変更したせいか)

http://junko.hatenablog.com/entry/2013/08/13/000223 を参考に

$ cd /usr/local
$ git fetch origin
$ git reset --hard origin/master
$ brew update

で基本部分は直ったが,homebrew/science については更新されていない…?

$ brew doctor
Error: No available formula for qrupdate 

というエラーが出るように.

$ brew untap homebrew/science
$ brew tap homebrew/science

octave最新版(3.8)のformulaが出るように.
そのままoctave 3.8を入れようとすると,前のエントリであったようにエラーが出たので,octaveのformulaに "--enable-docs=no" オプションを付けることでインストールできるように.

ログ2

このままではplotができないことが判明.
pkg 関連の処理で .texi ファイルが読めないというエラーを吐くのだが,http://kjunichi.cocolog-nifty.com/misc/2014/02/homebrew--witho.html のエントリに近いので, -env=std オプションを付けて再インストールを試みる.
→ formulaの "--enable-docs=no" オプションなしではビルドできず

$ export PATH=/usr/local/Cellar/texinfo/5.2/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/opt/X11/bin
$ brew install octave --with-fltk --env=std
==> Using Homebrew-provided fortran compiler.
This may be changed by setting the FC environment variable.
==> Building with an alternative Fortran compiler
This is unsupported.
==> Building with an alternative Fortran compiler
This is unsupported.
==> Downloading http://ftpmirror.gnu.org/octave/octave-3.8.0.tar.bz2
Already downloaded: /Library/Caches/Homebrew/octave-3.8.0.tar.bz2
==> autoreconf -ivf
==> ./configure --prefix=/usr/local/Cellar/octave/3.8.0 --with-blas=-Wl,-framewo
==> make all
==> make check 2>&1 | tee make-check.log
==> make install
==> Caveats
Octave supports "native" plotting using OpenGL and FLTK. You can activate
it for all future figures using the Octave command

    graphics_toolkit ("fltk")

or for a specific figure handle h using

    graphics_toolkit (h, "fltk")

Otherwise, gnuplot is still used by default, if available.
When plotting with gnuplot, you should set "GNUTERM=x11" before running octave;
if you are using Aquaterm, use "GNUTERM=aqua".

GLPK functionality has been disabled due to API incompatibility.
==> Summary
?  /usr/local/Cellar/octave/3.8.0: 2074 files, 47M, built in 36.3 minutes

ならプロットできるように.(しかし求めるのは --without-fltk …)

ログ3

/usr/local/Cellar/texinfo/5.2/bin をPATHに加えて,--without-fltk --env=std オプションでインストールを試みた際のエラー↓

./octave.aux:4742: TeX capacity exceeded, sorry [save size=5000].
@otherbackslash ->@let \=@realbackslash 
                                        
@xrdef #1#2->{@indexnofonts @turnoffactive 
                                           @xdef @safexrefname {#1}}@expanda...
l.4742 ...exed Assignment-snt}{Section@tie 34.3.1}
                                                  
No pages of output.
Transcript written on octave.log.
/usr/local/opt/texinfo/bin/texi2dvi: pdfetex exited with bad status, quitting.
make[3]: *** [octave.pdf] Error 1

確かに texinfo と tex は認識されているが,オーバーフロー?の模様.